<<BACK TOP 

オデュセイヤ/魔の海の大航海 1997年








私の大好きな作品の中の1本、「オデュセイヤ/魔の海の大航海」。
リリース当時レンタルし、既に4回以上は観賞済みだが忘れたころに観たくなる作品。

製作総指揮は御大、フランシス・フォード・コッポラーさま。
映像の随所にコッポラーさまらしい演出がちりばめられています。


TSUTAYAの「取り寄せレンタル」でお願いしたのだが、
DVDデッキと盤の相性が悪かったのか、再生できず、Amazonの中古を購入、ようやく手にできた (^o^)

アメリカの長編テレビドラマで、劇場版映画ではないということもあり、
中古としてもけっこうな値がついていた。もちろん新品は無し。


ストーリーはというと・・・

主人公であるイタケの国王であるオデュセイヤが、ギリシャ側連合軍とともにトロイヤとの戦争に向かい、
10年闘った末、有名な「トロイの木馬作戦」にて勝利を収めるのだが、
海の神様ポセイドンの助けを借りたにもかかわらず、神に向かって暴言をはいたため、
ポセイドンより罰を受け、さらに10年もの間、故郷のイタケに帰れないという話しだ。

この10年の間、様々な怪物との対決や神様の罠に合いながらもなんとか克服し、最終的には故郷へ戻れる。
旅?(放浪と言った方が適切)の途中、何度かポセイドンに「まだわからぬか」と叱られるのだが、
なぜ叱られているのか、観ている私にも理解できず、物語は進む。

結局、最後までポセイドンは何について叱っているのか、良く理解ができない、
ポセイドンにオデュセイヤが叱られているのは
「感謝の気持ちが足りない」?、「謙虚さがたりない」?、「我慢が足りない」?、なんだろ???

もともとオデュセイヤは妻を愛し、国を愛し、民を愛し、部下を愛している人物と描かれている。
部下の裏切りや失態も必要以上に責めない、懐の深い国王なのだ。
途中、2度ほど妻以外の女性(どちらも神)と関係を持ったが、
ひとつは部下を魔術から解放するためだし、ひとつはカリプソーに助けられたためだ。

そもそも映画のテーマが理解できない (^o^)
「不屈の精神」を伝えたい? 「一筋の愛情」を伝えたい? 「我慢が大切」を伝えたい? 私にはわからん。

と言っても、私はこの映画が大好きだ。
当時としては斬新な映像の美しさ、カメラアングル、無駄なダラダラ感〜〜〜。


このダラダラ感がラスト10分に集約される。
前編後編合わせて 3時間2分の大作だが、全てはラスト10分のためのものである。

私はリリース当時と、今回の入手時、ラストシーンだけを合計10回以上観ている。
ただし、初見はラスト10分だけみてもダメ、しっかり3時間の全編をみながら、ラストの興奮を味わおう。



おすすめの1本。
バネッサ・ウィリアムスが美しすぎる♡

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=480|
映画、BUNCHITOU の視点comments (0)trackback (0)

おみやげ















「きなこプリン」、高級「みかんジュース」、「高級「みかんゼリー」の3点セットをおみやげでいただきました (^o^)














全部美味しいぞーーーー♪ (^o^)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=479|
ブログcomments (0)trackback (0)

舞茸の炒め








ちゃちゃちゃ、と、『マイタケとモヤシと青菜の炒め』♪

やはり中華風の炒め物は美味しい〜〜〜 (^o^)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=478|
ブログcomments (0)trackback (0)

ありがとうございます
























面白ショット♪
私の左側の方は大先輩であり、業界の重鎮 KUREさんです (^o^) 真横でノリノリ♪ ありがとうございます (^o^)






|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=477|
ブログcomments (0)trackback (0)

ビーフシチュー














寒い日が続く毎日ですが、スーパーはガッチリ春の匂いがしてきました (^o^)

今日は飽きたダイエットスープのアレンジで、しっかり肉を買い込みます♪ スネ肉が安い♪♪♪


































まずは赤ワインで煮る、そしてハーブの香りを移すべくリソレしたフライパンの湯を丁寧に☆=













トマトといろいろ野菜のダイエットスープで煮込む♪


















手抜きで申し訳ないのだが、市販のドゥミグラスソース、リーペリンソース、トマトケチャップ、甘味が出るまでソティしたたまねぎを煮込む♪
仕上げに塩コショウで味を整える♪


温野菜を添えて『ビーフ・スネ肉のシチューの簡易型』が完成です (^o^)












圧力鍋がない場合、スネ肉がやわらかくなるまで煮込むには 4〜5時間必要ですので、
簡単だからといって、安易にマネはしないように (^o^)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=476|
ブログcomments (0)trackback (0)

肉団子







このタネ、実は大根を昆布で煮たとき餡として使ったものです (^o^)

残りを団子にアレンジ♪











青梗菜と白菜を使って中華風に仕上げました (^o^)















明日の金曜日は飛ばすぜーーー☆=

と、その前に『香和THE3RD』のラスト♪ 今週は飲みっぱなしの私です (^o^)



|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=475|
ブログcomments (0)trackback (0)

マルちゃん正麺







「マルちゃん正麺」と「浅漬け」にハマってます♪
洋風ピクルスは、売り物にするほど自信がありますが、浅漬けもなかなか奥が深い・・・ (^o^)


当然のことながら、古漬けとは違って、野菜が新鮮なうちに最高の状態にする加減がなかなか掴めません♪
どなたか、コツを教えてくださーーーい (^o^)






(↑洋風に見えるけど、和風だよ☆===)




今日の「マルちゃん正麺」は『ネギそば』♪

最近の生活ペースは1日1回外食、1回自炊というサイクルが成り立っているので、料理ブログみたいになってますね (^o^)







(ちょー簡単、長ネギをナナメ細切り、できあいの叉焼を細切り、ごま油と食べるラー油的なもので和えます)










できあがった「マルちゃん正麺」に盛ればできあがり (^o^)

いっとき流行った「食べるラー油」ですが、私は「ラウカンマー」という中国のものが好きです♪




今週23日金曜日は、月に一度 DJ LONG SET でお世話になっている西麻布シンシアのオーナー、
タカヲちゃんのバースデーパーティー♪

私は応援DJにて参加します♪ タイミングが合う方はシンシアにお集りください (^o^)





|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=474|
ブログcomments (0)trackback (0)

大根の昆布煮 鶏のあんかけ








お塩と醤油をちょっぴり垂らした昆布のダシで大根を煮ます♪













鶏のひき肉、長ネギ、しいたけ、パセリ、赤パプリカのみじん切りを上記の昆布ダシで煮て、
軽い塩と醤油で味付けし、水溶き片栗粉であんかけに仕上げます♪


赤パプリカは色目がきれいになります☆=













ちょー簡単、さっぱりとした優しい味、こころもほっこり (^o^)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=473|
ブログcomments (0)trackback (0)

豚モツの煮込み















豚モツを下拵えしたので、一部を「煮込み」に♪ 小腹が空いたときやご飯のおかずの副菜にピッタリ♪
私は家でお酒を飲まないので、酒のつまみにはなりません (^o^)


カップに盛付けると、こんな感じになります ↓






(トップのネギを美しく盛る前に写真を撮ってしまいました☆)






さて、腹ごしらえができたところで西麻布へ向かいます (^o^)




|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=472|
ブログcomments (0)trackback (0)

バレンタインデー
















今年は2つ、SHOKOちゃん、NAGANOさん、ありがとう (^o^)


もちろん義理チョコを入れてだけど、2つというのは人生で一番少ない年です♪


が、とてもとても貴重です♪ SHOKOちゃん、NAGANOさん、本当にありがとう (^o^)
100コもらうより嬉しいです (^o^)






さて、
いよいよ17日土曜日、DJロングセットです♪ @西麻布シンシア

六本木方面から来ると、西麻布交差点を渋谷方面に渡り、すぐ右側、オレンジの看板が目印です☆ー



寒い季節に熱い選曲とグルーヴをお届けしまーーーす(^o^)





|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=471|
ブログcomments (0)trackback (0)