MISSION: IMPOSSIBLE FALLOUT







ようやく観賞できました、劇場公開中の「MISSION: IMPOSSIBLE FALLOUT」♪


解説や細かな個人感想は BUNCHITOU.COMよりも、何倍も詳しく掲載されているサイトやブログがあるので、
そちらを検索してみてください♪



さて、このシリーズ、私の大好きなひとつです♪ 今作でシリーズ6作目。
結論から申し上げると、第1作が最高で、2作目が最低、その他は全部面白い、けど3作目の監督はいまだに好きになれない (^o^)



近年の作品はトム兄さんの身体を張ったスタントがウリのひとつとなっていますが、毎回ストーリーもスパイものならではのこだわりを感じます。

今作は・・・、
次から次へと展開され、息を付く間もなくグイグイ進んで行きます。あっという間の2時間27分。

ですが、
バイクアクションとカーチェイスシーンはちょいと長く感じられました。

さらに、
最後のヘンリー・カヴィルとの一騎打ちのシーンも怠かった。

しかし、
トム兄は絶対に死なないのがわかっていても、ここまで観客(私を含め)ハラハラドキドキさせる演出に、
監督の卓越した技量と演出力を感じさせてくれます。

何気ない内容にもかかわらず、
ヴァング・レイムスがレベッカ・ファガーソンに2人きりで語りかけるシーンにジーンときたり。(このときのレベッカの表情とカメラワークも最高に良い)

それを伏線とし、ラストのトム兄とレベッカの両想いをさりげなく表現したところなんて、もうホントに最高♪
(あくまで「スパイ映画」からピントをずらさない)(この両想いの伏線、実は前作から)


さすが、
いまだに名作として語り継がれる「ユージュアル・サスペクツ」の脚本を担当した実力者、クリストファー・マッカリー監督ですね☆☆☆===
(ちなみに私はクリマッカが脚本を担当した「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が大好き)

本シリーズでは初の2作連続監督♪


おい、JJ、おまえもこれくらい素敵なアクション映画を作ってみろよーーー。
(って、「製作」に毎回入っているけど (^o^))


今作でシリーズのまとめに入った感がありますが、次回作も楽しみです。
おすすめなシリーズです、是非とも第1作から観賞してください。






ところで、Facebookにてイベントページを作成したのですが、関係者の「タグ付け」ができない、
なぜでしょうか???

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=622|
映画、BUNCHITOU の視点comments (0)trackback (0)

コメント

コメントを書く

※この記事に対するコメントの受付は終了しています。

この記事のトラックバックURL

※この記事に対するトラックバックの受付は終了しています。

トラックバック