ラザニア PART 1













スパブラ行って決定♪ 今日は『ラザニア』 (^o^)

ラザニアを家で作ろうとすると、けっこう手間なのでたっぷり時間があるときに♪
ですが、『トマトソース』や『ビーフのラグー』は冷凍が効くので、ストックには良いです (^o^)




まずは「トマトソース」♪ 今日はせっかくのラザニアなので、上級ソースにしましょう♪


オニオン、セロリ、マッシュルーム、キャロット、ガーリック、鷹の爪をみじん切りにして、オリーブオイルでシュエします。
ミルポア(香味野菜)の旨味が出易いよう、軽く塩を加え、香りが立って来たら赤ワインを入れ、強火にし、アルコールを飛ばします:











上記の鍋にホールトマトを加えます☆= 今日は紙パックの「あらごしトマト」を使いました。










本来はここでブーケガルニを加えたいのですが、家で使うにはあまりに数種のハーブを揃えなければならないので、
今回は省きます。高級スーパーへ行くと、ブーケガルニの便利なパックが売っていますよー (^o^)


弱火でとろとろ煮込み、
少量の砂糖を加えまろみを出し、塩を加えて味を整えできあがり (^o^)





続いて『ビーフのラグー』♪

ビーフひき肉は臭みを取るため、一度油通しし、その油を捨て、新しいオリーブオイルで炒めます。
同じようにミルポワを加え、軽くお塩をふります。あれば粉末のナツメグを加えて完全に肉の臭みをカットさせます。

ナツメグがない場合は、しょうがのみじん切りを加えて、臭みを押さえてもいいですね。



赤ワインを注ぎ、強火にしてアルコールを飛ばします。

「フォン・ド・ヴォー」を加え、一煮立ちさせ、先ほど完成したトマトソースを加え、
水分が飛ぶくらい、弱火でしっかり煮込みます。
















水分が飛んだら塩コショウで味を整え、できあがり (^o^)
トマトソースやフォン・ド・ヴォーの旨味が凝縮されたこのラグーは相当美味しいです。


粗熱が取れたらタパにでも移しましょう。 小分けして冷凍ストックもOK☆=










続いてベシャメルを作り、ホウレン草を茹でる。

















ホウレン草は茹で上がったら冷水にさらに、しっかり水気を絞りましょう。
根の部分は、いりごまを振り、ちょっぴり醤油を垂らしてつまみ喰い (^o^)





さて、ここまで:

トマトソース、ベシャメル、ビーフのラグー、茹でたホウレン草が揃いました。
あとはパスタ(ラザニア)を茹で、パルメジャーノレッジャーノをすりおろしておけば準備完了 (^o^)



ね、
けっこう手間でしょう (^o^) BUNCHITOU.COM 読者の皆様、頑張ってね〜〜〜♪


(完成は次回のブログで)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=355|
料理comments (0)trackback (0)

コメント

コメントを書く

※この記事に対するコメントの受付は終了しています。

この記事のトラックバックURL

※この記事に対するトラックバックの受付は終了しています。

トラックバック