TOP 

ブロッコリーのガーリックオイルマリネ






本ブログに何度も登場する
【ブロッコリーのガーリックオイルマリネ】を BUNCHITOU.COM 読者の皆様で作ってみましょう♪


お酒のつまみに、メイン料理の付け合せに、小さく切ってパスタソースに和えたり、
食べ方いろいろです (^o^)




【ブロッコリーのガーリックオイルマリネ】

<材料>
ブッロッコリー1株、ガーリック半株、鷹の爪1本、オリーブオイル120cc、塩


① ブロッコリーを小分けカットし、塩ゆでする
  (固めは沸騰した状態からブロッコリーを加え3分、一般的イタリアンレストランで提供される場合は多分5、6分)





② ガーリックオイルを作る
  ガーリックの根の部分をカットし、包丁でつぶす。鷹の爪は中のタネを取り出し、1/4程度にちぎる。
  それらをゆっくりゆっくりとオリーブオイルで煮る



  *フライパンはクールスタート(事前にフライパンを温めないで調理スタート)、
   あせらずとろ火でゆっくりとガーリックに火を通す
  (ガーリックは「揚げる」状態になってはいけません、あくまで「とろ火で煮る」感覚です)


  ガーリックが色付き、しっとりしたら出来上がりです



③ ブロッコリーに塩味を付ける
  茹で上がったブロッコリーを網に揚げしっかり水気を切り、まんべんなく塩をまぶす
  (味見し、自分好みに塩加減を調整する)



  *茹で上がったブロッコリーは冷水にさらしてはいけません、仕上がりが水っぽくなります
   温かいうちに塩をまぶすことによって、塩が馴染みやすくなります



④ ガーリックオイルをブロッコリーにからめる
  上記③のブロッコリーをボールに移し、仕上がったガーリックをいるをからめ、良く和える






⑤ 盛付けてできあがり (^o^)






オリーブオイルじはケチらず、たっぷりね☆=


簡単〜〜〜♪ 白ワインで晩酌だ〜〜〜♪
あ、ちなみに私、家ではお酒をほとんど飲みませんが〜〜〜 (^o^)






とても良い「鶏のささみ」が手に入りましたので、明日のパーティー料理で使います☆=
はい、家で下準備済み♪




|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=185|
料理comments (0)trackback (0)

チキンソティー





先日スーパーのタイムセールで購入した鶏胸肉を家庭でできる「ソティ」に仕上げたいと思います♪




① まずは両面に塩コショウ
  冷蔵庫から取り出し、常温に戻しながら両面に塩コショウしましょう
  皮面は味がのりにくいのでしっかりきつめに、
  ソースを付けず「塩とコショウのシンプルソティ」に仕上げるのであれば、さらにしっかり味を付けてください

② 肉の厚い部分を開く
  肉が厚い部分は包丁を入れ外側へ折り返し、肉が左右上下同じ厚さになるよう調整しましょう

③ 皮面から焼きます
  オリーブオイルをフライパンに敷いて熱し、皮面から焼きます 強めの中火です





④ 焼き目を均等に
  フライ返しで上からしっかり押しつけ、皮の焼き目が均等ににるよう、そしてパリっとしっかり焼きます
  ビビって弱火はNG

⑤ 反対側を焼く
  皮に焼き目が付いたら裏返し、反対側を焼きます
  火力を落として、フライ返しでしっかりフライパンへ押しつけ、こちら側もきれいに焼きましょう
  ここで完全に火を通す必要ありません






⑥ ネギ風味で蒸し焼きに
  肉の両面がきれいに焼けたら、周りにネギを敷いて白ワインを注ぎ、蒸し焼きにします
  白ワインがない場合は料理酒でも大丈夫
  (ちなみにオーブンがある家庭やお店では、ここで白ワインもしくはブランデーでフランベし、
   オーブンで火を通して仕上げます) 
















蒸し焼きで火を通してできあがりです♪
ひとくち大にカットして、お塩とワサビで食べても美味しいです (^o^)



今回は仕込んであった「トマトソース」でいただきます♪












いかがですか?
オーブンがない場合の厚めの肉を仕上げる「蒸し焼き」です☆=  
蒸して火を通しながら風味を付けちゃう簡単調理法♪


今回はネギだけを使いましたが、
いろいろな野菜を肉の下にたっぷり敷いて、野菜の水分のみで仕上げる贅沢な方法もあります
(フライパンで作るローストビーフなどはこの手法が多い)



お試しください (^o^)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=167|
料理comments (0)trackback (0)

さりげなく





ご予約をいただいたお客様、
直前まで『ア・ラ・カルト』か『コース』かを決定していませんでした♪


私としてはもちろんグランドメニューを準備しましたが、
来店後、「おまかせコースで」とのこと☆=



カラオケ付の個室なので、まずはさくっと (^o^)







『ソルティキャベツ ピンクペッパー』をパリパリお願いします (^o^)













『エビとブロッコリーとマッシュルームのアヒージョ』を2品目に♪


写真を撮り忘れた『トマトとアンチョビのピッツァ』を3品目♪








『カキとホウレン草のグラタン』を4品目♪



締めは『いろいろキノコのカレーライス』を〜〜〜♪





そしてマカナイは残り物でスパゲティ (^o^)

『カキとアサリとホウレン草とマッシュルームのクリームスパゲティ』








ありゃ?
このスパゲティ、お客様に出せば喜ばれるよな〜〜〜 (^o^)


ま、お許しを♪
お客様よりいいものを食べてるのがコックですから (^o^)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=135|
料理comments (0)trackback (0)

コース料理 2016.12.17







『ホウレン草とベーコンのサラダ 温製ドレッシング』
ドレッシングはソイソースとモルトワインビネガーをベースに使いました☆=











『小柱と冬きのこのフラン』
フランはいままでに相当作ってきましたが、今回が過去最高のできかも (^o^)








『カブとカキのファルス 海鮮クリームソース』
カキはコース料金の都合上、冷凍モノを使つたので、

バターでソティしたあと、オレンジ果汁を振りかけ、フレッシュ感を☆=
ソースにはアサリとカキのエキスをベースに、フィメ・ド・ポアソンで補強しました (^o^)








『ペンネ・アラビアータ』
至ってスタンダードです☆=












『丸鶏のロースト』
イベント化したクリスマス、この季節ならではですね☆= ご存知、本来はターキーでね (^o^)




忘年会シーズンなここ数日、毎日のように料理してます☆=

明日も明後日もパーティー料理、
明後日は脇役的存在であった『パクチー』、今年は脚光を浴びたので、

『パクチーとトウフのサラダ』が登場です (^o^)

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=110|
料理comments (0)trackback (0)

料理 ♪ 料理 ♪





大人の『お子様ランチ』☆=






チキンライス、スパニッシュオムレツ、フレンチフライ、エビとブロッコリーのグラタン、
そしてチキンライス (^o^)








ほっとひといき、GOTO さん☆=









トミーさんからイサキをいただきました (^o^)
とても美味しい〜〜〜♪

シンプルに塩とコショウで『グリル』で☆=










さらに、
タイムサービスで見つけた「鶏のささみ」をソティに☆=


『鶏のささみとオニオン、ラタトィユ』







は〜〜〜、お腹いっぱい、こころもいっぱい (^o^)
食事は一番身近なエンターティメント☆=

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=65|
料理comments (0)trackback (0)

ギャラリーのメニューをちょいと紹介





9月17日のレセプションより私のホームグランドとなる
『ギャラリー』のフードメニューをちょこっと紹介します:
















『タンアンドレイ』、『匠堂』、『大ちゃんカレー』でもお世話になった、
もちろん正真正銘の私のオリジナル・カレーライスも☆=












週末のDJイベント時はきっと落着かないでしょうから、
是非とも平日、食べに来てください (^o^)


小皿料理からパスタまで、是非とも ぽわわ

|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=27|
料理comments (0)trackback (0)

火を入れた




いよいよ9月17日に向け
ベースとなるスープを仕込む (^o^)


私の料理をお客様へ提供するのは、『Tang & Rey』以来、実に何年ぶりだろうか??? (^o^)







まずは9月5日のスタッフ内試食会ため、
11時〜翌朝5時まで仕込でした☆=







『ギャラリー六本木』、クラブイベントになってしまうと
なかなか召し上がっていただく雰囲気がないかもしれませんが、

9月17日からは平日もバーとして、
ゆっくりしていただけます☆=








BUNCHITOU.COM 読者の皆様向けはコチラ⇩




|http://bunchitou.com/cp-bin/blogn/index.php?e=24|
料理comments (0)trackback (0)